日本風俗史学会  

本文へジャンプ

トップページ > お知らせ > 日本風俗史学会報

お 知 ら せ (会 報)

日本風俗史学会報 771号 2020年9月のお知らせ




【本部事務局より】


原稿募集   
  会員の皆様からの原稿を募集しております。「論文」「研究報告」「研究動向」「風俗史考証」「風俗史点描」「新刊紹介」「展覧会情報」などジャンルは不問です。会員の皆様からのたくさんの投稿をお待ちしています。また、全国各地域の風俗情報やイベントなどを「風俗史点描」で話題提供することができます。会員向けのお知らせやご案内にご利用ください。
原稿の投稿規定は『風俗史学』の目次裏面か、ホームページをご覧ください。
 
 
 
 


 
■日本風俗史学会   https://www.fuzokushi.jp
〒161-8539 東京都新宿区中落合4―31―1
目白大学 社会学部  鈴木章生研究室 気付
学会 FAX 03-5982-7141 E-メール:jimu@fuzokushi.jp
 
  事務連絡はFAXまたはメールでお願いいたします。
 


【各支部からのお知らせ】   <お問い合わせは、事務局まで jimu@fuzokushi.jp

■関東支部

・近世史分科会  

・日時:9月15日(火)13時半~16時半

・場所:浅草文化観光センター四階 中会議室

・概要:以下の近世史料を原文で読み、内容を考察します。

①柳澤信鴻著『宴遊日記』

安永2(1773)年5月10~11日の項

江戸藩邸在住の大和郡山藩主による隠居直前の頃の日記。当時の俳諧や書画、食文化のことを窺える好史料。

②関竹泉著『茶話真向翁』(享和3[1803]年刊)

 茶道藪内家の門下である京都の富商による茶書。流派の枠を越え、古き茶書を熟知しての考証が興味深い。

尚、②の史料は前回まで、「未翻刻?近世随筆」と表記して参りましたが、調査を進めて上記史料と判明しました。これまでの不勉強を反省するとともに、今回より表記を訂正致します。

常連の出席者だけでは、判らないことも沢山あります。御関心のある方の、御参加をお待ちしております。

 

・近代史分科会 

休会とします。


・服飾史分科会 

・日時: 9月18日(金)18時~21時
    (先月の予告では24日としましたが、六日早めて)

・場所:〔不思庵〕駒込パークハウス地下一階集会室
(JR・地下鉄 駒込駅東口徒歩5分 ℡090-8774-0074 土居さん)

・テキスト:後水尾院當時年中行事』東山御文庫架蔵・宸筆本
先月は予定通り20日(木)に開催したところ、男子三名女子三名の計六名でした。西原会員の提示になる近世江戸時代初期の御所と仙洞御所の殿舎配置図を現在の地図に当てはめたものを参考にその規模の変遷の説明を受けましたので、テキストには入りませんでした。従いまして今月は、(20ウ)4行目「二月朔日、あしたの御盤のついて云々」からです。初めての方もテキストは用意しておりますのでどうぞ入らして下さい。
 尚、来10月は23日(金)ですので、ご承知置き下さい。


中部支部  ・例会および役員会
一.日時・集合場所 9月22日(火・祝)13時半、徳川美術館入口に集合
  ※徳川美術館 〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017  電話 052-935-6262
  名古屋市営地下鉄名城線(右回り)「大曾根」下車、
  E5番出口から徒歩15分、または基幹バス「徳川園新出来」下車徒歩3分 
二.内容とスケジュール

  徳川美術館秋季特別展「殿様が好んだヨーロッパ―異国へのまなざし」見学 

 ~13時半 美術館玄関前で集合

  13時40分~14時半 展覧会解説

   (解説 徳川美術館学芸部マネージャー 長久 智子氏)

  14時半~15時半 役員会

  15時半~ 展覧会見学、その後自由解散

三.費用および参加申し込み

 ・観覧料 一般1400円

 ・参加申し込み 9月18日(金)迄メールにて、高橋 知子氏まで


関西支部  休会とします。

   このページのTOPに戻る↑
  Copyright(C)2011 日本風俗史学会 all Rights Reserved.