日本風俗史学会  

本文へジャンプ

トップページ > お知らせ > 日本風俗史学会報

お 知 ら せ (会 報)

日本風俗史学会報 751号 31年1月のお知らせ



明けましておめでとうございます。 
会員の皆様にはよき新年を迎えられたことと存じます。旧年中は学会運営に御協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、昨年十二月には沖縄県の琉球大学において第五十九回大会を開催いたしました。遠方のためか参加者が少なかったことは残念でしたが、担当された九州支部の松本支部長はじめ、実行委員の方々の御尽力により充実した大会となりました。厚く感謝申し上げます。また、悲願であった会誌刊行の遅れ解消が実現した年でもありました。
本年は、再来年の学会発足六十
周年に向けて、記念の事業の企画や、会則の検討、研究体制の強化、その他会員サービスの充実など、多くの課題に取り組んでいく年としたいと思っております。

本年もよろしくお願い申し上げます。

  

   平成三十一年 元旦 
 会長 有 元 修 一 

 


【本部事務局より】


卒論・修論発表会について  
  日本風俗史学会では、来年3月16日(土)に,本部主催で卒論・修論発表会の開催を予定しています。場所は大妻女子大学、時間は未定ですが、会員の方で学生・院生の推薦候補者がおられましたらご連絡ください。正式なエントリーは1月~2月20日となります。  
 
第四回日本風俗史学会研究例会 
 

卒論・修論発表会後に開催予定です。会員の方で、日頃の研究成果を30分ではなく、もう少し時間を かけて発表してみたい方がいらっしゃいましたら、エントリーしてください。エントリーは上記と同様に2月20日です。事務局までメールをお願いします。

 


 
■日本風俗史学会   https://www.fuzokushi.jp
〒161-8539 東京都新宿区中落合4―31―1
目白大学 社会学部   有元修一研究室 気付
学会 FAX 03-5982-7141 E-メール:jimu@fuzokushi.jp
 
  事務連絡はFAXまたはメールでお願いいたします。
 


【各支部からのお知らせ】   <お問い合わせは、事務局まで jimu@fuzokushi.jp

■関東支部

・近世史分科会 

・日時:1月21日(月)18時~21時
・場所:浅草文化観光センター4階小会議室

 (台東区雷門2-18-9 雷門前)
・発表:「吉徳資料室所蔵文献の紹介と講読」

                  小林 すみ江 氏
     「柳澤信鴻著『宴遊日記』講読」(続)
                  松尾 政司 氏

  ※飛び入り歓迎です。どなたでもお気軽にご参加ください。

・近代史分科会  休会とします。

・服飾史分科会  ・日時:1月23日(水)18時~21時
 (先月の予告では24日(木))でしたが1日早めて)

・場所:きれと着物 土居〔不思庵〕
     駒込パークハウス地下一階集会室
    (JR・地下鉄 駒込駅東口徒歩5分

             ℡090-8774-0074)

  ・テキスト:『後水尾院當時年中行事』東山御文庫架蔵・宸筆本を使用。
・今月は(11オ)6行「二日、あしたの物昨日に同し、こほうし、はゝきを進上して
 御はきそめあり、云々」からです。
・初めての方もテキストは用意していますので、どうぞ入らしてください。
・尚、、2月は21日(木)の予定ですので、ご承知置き下さい。
(終了後、希望の方はお茶室で茶菓を頂けます)

関西支部  <1月例会のご案内>
・日時:1月19日(土) 14時00分~(16時30分頃 終了予定)
・会場:京都女子大学B校舎4階 B411実習室
・研究発表:
「『延喜内匠式』「革ヲ作ル料」にある酒糟と塩と油を用いた牛革作りの考察」
        発表者   永瀬 康博 氏
・関連発表:「石帯について」
        発表者    一澤 喜久夫 氏

 青木氏までご連絡ください。

  <2月例会のご案内>
・日時:2月9日(土)
・集合:JR京都駅 中央口改札前 午前11時
(京都駅午前11時11分発の湖西線普通列車に乗ります。新幹線あるいは他のJR線から乗り継ぎの方は、ホームの電車前より付近で合流してくださっても結構です。その場合は、その旨、鬼頭氏か青木氏にご連絡ください。)
 
  ・見学 「針江 生水の郷」および川島酒造株式会社見学 
  ※「針江 生水の郷」の見学は午後1時開始、90分間のコースをガイドの方に案内していただきます。
見学のスタート場所は、高島市新旭町・針江公民館前(高島市新旭町針江372)

滋賀県「針江 生水の郷」見学終了後に川島酒造見学という順序です。

準備の都合上、ご出席の方は、事前(できれば1月末まで)に、鬼頭氏か青木氏までご連絡ください。


 
   このページのTOPに戻る↑
  Copyright(C)2011 日本風俗史学会 all Rights Reserved.