日本風俗史学会  

本文へジャンプ

トップページ > お知らせ > 日本風俗史学会報

お 知 ら せ (会 報)

日本風俗史学会報 757号 2019年7月のお知らせ




【本部事務局より】


60周年プレイベント
  大学院博士後期課程研究発表会への参加方法

事前申し込み制 

申し込みがないと懇親会・見学会・昼食会には参加できませんのでご注意ください。
研究発表会のみの参加の場合は、事前申し込みなしでも可能です。
★参加費は、まとめて1日目に受付にてお支払いください。 
参加申し込み方法
 

会報に掲載する事務局専用のメールもしくはファックスに、お名前、携帯電話番号、1日目懇親会、2日目見学会・昼食会それぞれ参加・不参加をお知らせください。 
締め切り7月19日(金)

  ★宿泊・鉄道チケット等はご自身で手配をお願いします。
 
日本風俗史学会設立60周年プレイベント 

期日 2019年7月27日(土)・28日(日)

場所 京都女子大学 

    (〒605-0926 京都府京都市東山区今熊野北日吉町35)

・研究発表参加費  500円(学生無料)

・懇親会参加費  3,000円 (発表者無料)

・見学会・昼食会参加費 3,000円

 (但し、出町柳駅~駒井家住宅までタクシー実費、駒井家住宅から昼食会場まで
  電車420円が別途必要)

 

<イベント プログラム>

 

・1日目 (7月27日) 受付 9時より 

発表会会場  京都女子大学 F校舎 F201模擬法廷

開会> 9時30分、発表時間(7名)9時40分~17時30分
 

<研究発表>(40分発表・15分質疑応答)

   ・迎田秋悦の工芸思想形成の背景
    ―京都工芸界における交友関係を手掛かりに―
  下出 茉莉(京都工芸繊維大学大学院) 
   ・床の間と木工芸における使用傾向の比較からみる銘木の文化的役割の考察

  ―昭和期を中心として―

  岡田 涼子(武庫川女子大学大学院) 
  ・近代アメリカにみる服装改革運動
    ―新聞『シビル』における「リフォームドレス」について―
 
  谷 紀子(京都女子大学大学院) 
  〈昼食休憩〉 
    昼食は各自でご準備いただくか、学食をご利用ください。 
  13時半再開 
 

・姓名判断は女性の運命を占えたか

    ―明治から昭和戦前期における女性名の表記と音声―
  三浦 直人(明治大学大学院) 
  ・「宝塚少女歌劇の指導者」としての小林一三を再考する 
  梁 悦(京都大学大学院) 
  ・源氏絵と舞楽図の関連性について
    ―ハーヴァード大学美術館蔵「源氏物語画帖」を例に―  
  古谷 美也子(筑波大学大学院) 
  ・ウマステバのかつての利用方法と現状
    ―茨城県T市を事例に― 
  三津山 智香(筑波大学大学院) 
  閉会> 17時30分予定
  <懇親会>17時30分~19時30分  A地下食堂(学食)
  ・2日目(7月28日) 
 

<見学会>   駒井家住宅
 表彰式会場(昼食会を含む) 桃園亭本店
 
集合場所   京阪電車 出町柳駅(集合時間 9:30)

 

<表彰式および昼食> 12時半から14時(解散予定) 

 
年会費納入のお願い 
  日本風俗史学会の年会費は、次年度分を前納することが会則で定められています。 
  正会員     5,000円
学生会員     4,000円  


 
■日本風俗史学会   https://www.fuzokushi.jp
〒161-8539 東京都新宿区中落合4―31―1
目白大学 社会学部  鈴木章生研究室 気付
学会 FAX 03-5982-7141 E-メール:jimu@fuzokushi.jp
 
  事務連絡はFAXまたはメールでお願いいたします。
 


【各支部からのお知らせ】   <お問い合わせは、事務局まで jimu@fuzokushi.jp

■関東支部

・近世史分科会  ・日時: 7月22日(月) 18時~21時
・場所:浅草文化観光センター4階小会議室(台東区雷門2-18-9 雷門前)
・発表:「吉徳資料室所蔵文献の紹介と講読」小林 すみ江 氏
    「柳澤信鴻著『宴遊日記』講読」(続) 松尾 政司 氏

 

なお、8月は13日(火)夕刻に、観光客も行かない浅草六丁目(旧猿若町と聖天町)界隈の散策を以て、会合とすることを計画中です。決まり次第、詳細を御連絡致します。


・近代史分科会  休会とします。

・服飾史分科会  ・日時:7月18日(木)18時~21時
(終了後、希望の方はお茶室で茶菓を頂けます)
・場所:〔不思庵〕

     駒込パークハウス地下一階集会室
    (JR・地下鉄 駒込駅東口徒歩5分

             ℡090-8774-0074土居さん)

  ・テキスト 『後水尾院當時年中行事』東山御文庫架蔵・宸筆本

(14ウ)「(正月)六日、夕方、年越の御さか月、常御所にて一献云々」からです。

・初めての方もテキストは用意していますので、どうぞ入らしてください。   

・来8月は23日(金)の予定ですので、ご承知置き下さい。


中部支部  <8月例会>
伝統的食の調査「渥美の郷土料理」
今回は、農村の暮らしの優れた技術を伝承されている「あいちの技人(わざびと)」を講師に招き、「じょじょ切り」など、渥美に伝わる郷土料理を調理していただき、お話を伺います。
  1.日時・集合場所  8月10日(土)
 11時に豊橋鉄道渥美線「三河田原駅」改札口に集合、その後、タクシーに分乗して会場へ移動します(所用10分程度)。
  2.会場   田原市役所神戸(かんべ)市民館

 〒441-3415 愛知県田原市神戸町前畑19 ℡ 0531-22-0980

  3.内容 「渥美の郷土料理」 再現と解説
講師 : あいちの技人 中川 美代子氏、福井 佐和子氏

・あいちの技人 中川美代子氏については以下のページをご覧ください。

 

http://www.city.tahara.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/261/tahara_081015.pdf

  4.スケジュール
  名鉄名古屋本線 名古屋9:18発 快速特急(一部指定)豊橋行き=10:07豊橋着
(JR東海道本線 名古屋9:00発 新快速豊橋行き=9:55豊橋着) 
 
  豊橋鉄道渥美線 新豊橋10:15発 三河田原行き=10:50三河田原着 
  5.費用
①会費:
 会員 1,000円、会員外1,500円
 (支部会費から材料費等、費用の一部が補助されます。)
 
   ②旅費 名古屋→豊橋 名鉄1,110円(片道)、JR東海1,320円(片道)新豊橋→三河田原 豊橋鉄道 520円(片道) 三河田原駅より、往復のタクシー代がかかります。 
  6.参加申し込み
料理の準備およびタクシー予約のため、必ず申し込みをしてください。
 
  参加申し込み締め切り 7月12日(金)まで。メールにて高橋 知子氏まで。 

関西支部  休会とします。
 
   このページのTOPに戻る↑
  Copyright(C)2011 日本風俗史学会 all Rights Reserved.