日本風俗史学会  

本文へジャンプ

トップページ > お知らせ > 日本風俗史学会会報

お 知 ら せ (会 報)

日本風俗史学会会報 798号 2022年12月のお知らせ




【本部事務局より】


卒業論文・修士論文発表会ならびに例会発表報告者募集のお知らせ 
 
・日 時  2024年3月18日(土)午後

詳細な時間は報告者の人数が確定してからご案内します。

・方 法  ZOOMにて開催予定 

・卒 論  発表20分・質疑5分
・修 論  発表30分・質疑15分
・例 会  発表40分・質疑20分
 
  発表を希望される学生・院生の方は指導教員と相談の上、「題目、氏名、所属、概要600~800字」をお送りください。
会員の方からもご推薦をお願いいたします。
また、日頃の研究成果をじっくり発表したい会員の方は、研究例会をご利用ください。
「題目、氏名、概要600~800字」をお送りください。
募集締め切りは、2月20日(月)昼
お申込みは、学会事務局のメールアドレスまで。
 

会誌『風俗史学』原稿募集

  投稿原稿を募集しています。直近では12月中の投稿を受け付けております。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 


 
■日本風俗史学会   https://www.fuzokushi.jp
〒161-8539 東京都新宿区中落合4―31―1
目白大学 社会学部  鈴木章生研究室 気付
学会 FAX 03-5982-7141 E-メール:jimu@fuzokushi.jp
 
  事務連絡はFAXまたはメールでお願いいたします。
 




【各支部からのお知らせ】   <お問い合わせは、事務局まで jimu@fuzokushi.jp

■関東支部

・近世史分科会  

・日時:12月15日(木)13時半~16時半
・場所:浅草文化観光センター内小会議室
・概要:下記の近世史料を原文で読み、内容を考察します。テキストは御用意致します。
  

 柳澤信鴻『宴遊日記』
六義園に隠居した元大和郡山藩主の日記。時候の贈答や俳諧、新規召抱えの者を選ぶなど元大名の生活を伺えます。今回は安永2(1773)年6月24、25日の項を読みます。
石田鼎貫『小児養育金礎』
  文化10(1813)年の初版以来、何度も改版を重ねた近世版家庭の医学書。今回は「血閉」「崩漏」「赤白帯下」など、産婦人科に関する言及を読みます。


なお、新年の会合は1月12日(木)を予定しております。年初の繁忙期に連絡が通じない場合を恐れ、早目に御通知申し上げます。


・近代史分科会  
・休会とします。

・服飾史分科会 

日時: 12月16日(金)18時~21時
・場所:〔不思庵〕及びZOOMによるオンライン、駒込パークハウス地下一階集会室
     (JR・地下鉄 駒込駅東口徒歩5分、℡090-8774-0074土居さん)
・テキスト:『
後水尾院當時年中行事』

       東山御文庫架蔵・宸筆本から

  ※オンライン参加の方は事前に中澤氏まで連絡下さい。当日、ZOOM IDを発行します。
初めての方もテキストは用意しておりますのでお気軽にご参加下さい。
尚、次回は1月20日(金)ですので、ご承知置き下さい。

中部支部  < 1月例会>
一.日時・集合場所

  1月7日(土)13時半、愛知学泉大学6号館3階、632教室に集合
愛知学泉大学
愛知県岡崎市舳越町上川成28 ℡0564-34-1212(代)
交通アクセス
  公共交通機関利用の場合   
    名鉄名古屋本線「矢作橋駅」から徒歩約17分。
愛知環状鉄道「北岡崎駅」から徒歩約17分。
駅から徒歩の場合は下記URLにキャンパス周辺図があります。
なお、土曜日の午後はスクールバスの運行はありません。https://www.gakusen.ac.jp/t/ippan/access.html
 
 
  自家用車の場合   
    大学正門北側に大きな学生駐車場がありますので、ご利用ください。
大学構内にも若干の来客用駐車場があります。
 
 
 二.内容  
    研究発表   
    (1)「地域に根差した野菜と近年の野菜消費の動向について」   
      愛知学泉短期大学 熊崎稔子氏  
    (2)「ハギレの活用とSDGs   
         ~愛知学泉大学創立者の指導方針を引き継ぐ取り組みとして~」   
    愛知学泉大学 平岩暁子氏   
三.参加申し込み   
    参加申込みは12月27日(火)までメールにて高橋知子氏まで。    
    *なお、感染症拡大の状況によっては、内容・実施の有無に変更の可能性があります。   

関西支部 
・休会とします。


   
 
 
   このページのTOPに戻る↑
  Copyright(C)2011 日本風俗史学会 all Rights Reserved.